原発事故補償

原発事故、で自分の家に住めなくなった人で、プレハブの、超狭い仮設住宅に、まだ2万2500戸がすんで居るという。家を建て直すお金などない。

小学生でも、自分が悪いことをしたら、あやまって弁償しなければならないことを知っている。

何万人もの人の、人生を狂わせ、東電は、誤りもしない、責任の所在もはっきりしない、家を建てるでもない。

大企業には、超法規的措置があるらしい。ここは、会社を解散して、別の会社に売るくらいは当たり前だ。

チェルノブイリの時は、膨大な数のバスをすぐ用意して、鉄筋建ての住宅を作った、共産主義だから出来た。
そうすると共産主義の方が、国民の命を大切にする。

日本も、社会党がもう一度立て直して、社会党政権を作ってほしい。

田舎が福島の私は、今でも腹を立てている。お金があれば何でも出来る日本はいらない。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック