もうだめだと思うと、神様がたすけてくれる

明日は、田舎に行って法要をする。
先月、原発爆発で、放射能汚染を、庭の穴から取り出すという。
見に来てほしいと言うが、交通費3万円かかる。写真を、開始前、工事中、山土を入れたあとと写真を撮って、市役所に届けたと言うが、一度掘り前して、同じ土を入れても分からない。明日は、法事の1日前に言って、放射線計で計ってきます。
姉が、車で10分のところにいるが、横浜の私に全てやれと言う。これだけで、どんな家庭か分かります。
田舎の隣の家の人が、一部屋増やしたいので、雨だれが、私の庭に落ちますがと言うと、本当に優しい母は、良いですよといってしまった。
今となりの親父は、雨だれが落ちるところまで、自分の土地だと言い出した。郡山の人がいかに悪いか、分かる。
十字を切って有る、石が基準なので、明日行って、ビデオで証拠を撮ってくる。

それで、福島に行くには、どこに放射能が高いか分からないから、放射線計を探していた。
54時間探して無いのであきらめたら、突然出てきた。本当に困ると、神様はたすけてくれるのですね。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック