手を出してはいけない楽器:オーボエ

オーボエを楽しもうと思って、苦労している。
初めの先生が、半年か、1年はチューナーを使わない方がいい、と言ったので、2年間使わなかった。
そろそろ正しい音階で吹きたいと思い、先生に、どんなリードを使えばいいのか、正しい音程の出し方はどうやるのか、教えてくださいと言ったら、教えられないと言って、私は生徒から外してくださいと、受付に言った。
受け付けは、あなたの難しい疑問に答えられる教師は、うちには居ないからと、店に出入り禁止になった。新宿のダブルリードという、日本で一番大きな店だ。
リード作りの専門家に聞いたら、初心者ほど難しい質問をすると言う、この正しい音階を出すにはどうするかという質問に答えられるのは、有名オーケストラの団員くらいだろうと言う。
驚いた、世界に何人かしか、正確な音程で、演奏している人が居ない。
事実らしい。どうも周りの楽器から、外れないようにいい加減な音程で演奏するらしい。
リード単体で出す音で、クローという、リード全体をくわえて吹く音が、なぜ音が出るのかも、誰も知らないらしい。
こんな楽器をやるんじゃなかった。
次の先生を探しても、オーボエ吹きは、変人が多く、1か月たっても見つからない。オーボエ吹きは、他人との話をまともにできないらしい。

私の唯一の気分転換法が無くなった。何も楽しみが無くて生きていけない。そろそろ死のうと思う。

神様が、私がやることを、難しい状況にことごとく持って行く。もう死になさいと言う、メッセジーとしか思えない。

この記事へのコメント